TS工房 -技術者と研究者とモノづくり-

音楽や芸術のスタジオやアトリエの様な雰囲気の工房で、研究者として・技術者として”ものづくり”をしたい

MENU

Win7とWin10のリモートデスクトップ接続でちょっと悩んだ

2020年1月にWindow7のサポートが切れていますが、中にはWin7でしか動かないプログラムもあり、仕方なくWin7スタンドアロン運用している人が多いかと思います。私なんかは未だにXPを使っているぐらいです。

さて今日は、Win7とWin10のリモートデスクトップ接続でちょっと悩みました。リモートデスクトップ機能はWiin7から標準で備わっているもので、1台のPCを別のPCから遠隔で操作することができます。

結論から述べると、リモートデスクトップ接続がうまくできなかった原因は、Windowsのエディションが対応していないものだったというものです。

今日の反省も踏まえ、接続手順を以下に記載しておきます。とりあえずこの手順で見ていけば接続できるでしょう。

 

リモートデスクトップ接続手順

Windowsのエディションを確認

接続する側PC と 接続される側PC でそれぞれ確認します。基本的に接続側は一般的なエディションでOKなのですが、接続される側はエディションが制限されています。

<接続する側PC>

Windows7 Professional / Ultimate / Enterprise / Starter Home Basic / Home Premium

・Windows10 Pro/ Enterprise / Education / Home

<接続される側PC>

Windows7 Professional / Ultimate /

・Windows10 Pro/ Enterprise / Education 

 

②接続されるPC側でリモートデスクトップ機能をOnにする

接続されるPC側でリモート接続を許可する設定を行います。リモートデスクトップ機能を利用するためには、あらかじめ対象となるコンピューター上でこの機能を有効にして
おかなければなりません。

コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム>設定の変更>リモート(タブ)>「このコンピュータへのリモートアシスタンス接続を許可する」にチェック

 

③ネットワーク設定(同一ネットワーク下にする)を確認する

僕がよくやる方法はコマンドプロンプト(CMD)からPingを実行する方法です。流れとしては以下の通りです。

・CMDから両PCからそれぞれipconfigでIPアドレスを確認

・同一ネットワークにいるのであればpingで返事が帰ってくるかどうかを確認。返事がきたならネットワーク接続はOK

pingで返事が帰ってこないときは、イーサネットケーブルがささっているか、ホーム/社内ネットワーク/パブリックネットワーク設定を確認

・そもそも固定IPにしていて同一ネットワークにいないのであれば、IPを変更する

Win7スタンドアロンで使用する場合、プライベートであることを明示するために固定IPを「192.168.x.x」に設定しているイメージがあります。情報系の詳しいことは分かりません。

 

④リモート接続する

接続したいコンピューター名を正確に入力すれば接続できます。それでも接続できない場合は代わりにリモートコンピューターのIPアドレスを入力します。

 

⑤それでも接続できない

①~④の過程を経ても接続できない場合は、Windwosファイアーウォールの設定を変更することで接続が出来る場合があります。

ただ個人的にはここまでやって接続が出来ないのであれば、TeamViewerのようなフリーソフトをインストールしてあげるのが早い気がします。